魔女の一撃喰らいました!




こんにちは!

身体調律師 塚本紘識(つかもと ひろし)です。

 

先日知ったことなのですが・・・

知り合いのエアロビクスインストラクターが

ぎっくり腰で、代行になって一週間休んでいたのを知りました。

 

 

 

運動前のストレッチは力が出ない

いまだに運動の前後はストレッチが、いいという世間の常識ですから仕方ないですね。

特に運動前のストレッチは全く意味がなく、逆に力がでなくなります。

そんな状態でスタジオエクササイズしようものならゾッとします。

 

魔女の一撃

ぎっくり腰・・・別名、魔女の一撃!

こいつが出たら1回休み。

ちょっとした動作、または歯磨きや洗髪しているときに現れる。

特に膝を使わずに前屈体勢したりすると、腰に急な荷重がかかり急性腰痛に。

急にカツッと痛み、動けなくなるので、本当に一撃です。

 

身体を緩めるケアをする

ストレッチしてても、ぎっくり腰になったのなら、それはやり方が違う

とういうことになります。

どうしたらいいか。

筋肉を伸ばすのではなく、緩めてあげること。

よく勘違いされるのですが、緩めるとはぐにゃぐにゃになって

身体の支持ができなくなるのでは・・・ということですが

大きな勘違いで、その筋肉がいつでも力を出せる本来の姿や位置に

してあげることです。

決してだら~んとした状態にすることではありません。

また、楽に立っていることができるんです。

 

緩めると力が出せる

筋肉を緩めると、力が出せる準備が整います。

身体も筒状になっているので、重い物を担ぎ上げるたりすることができます。

上の画像のように、上半身は身体の前の筋肉を使って前傾になり

下半身は脚の後ろの筋肉を使って、地面から垂直に立つ。

こんなことができちゃう。

これ、かなり前の日本ですが普通の日常な風景です。

最近でも、行商のおばちゃんがほぼ同様な身体の使い方を

していますよ。

 

身体が資本の方はケアしましょう

スタジオインストラクターのような職業の方は身体が資本です。

1日3~5本のクラスを受けもっていて、身体を使っての仕事ですから

ちゃんとしたケアをしなければ、ぎっくり腰にもなりますね。

本来のケアができていなければ、どんどん自分の身体を硬くしている

ことに気づいていない。

スタジオインストラクターでも、愛好家でも運動が好きな方は

筋肉を緩めるセルフケアをすれば、乳酸や疲労から回復も早く

エクササイズを楽しめます。

ストレッチでもなく揉みほぐしのマッサージでもなく

筋肉を緩めることで、気持よく動けて爽快な気分になれる。

そして、翌日の筋肉痛全く感じないコレ本当にあなたにおこります(^o^)

 

今日も素敵な時間をお過ごしください

 

ぎっくり腰なんて怖くない!施術メニュー

身体調律サロン情報・アクセス